Category: 絲路

絲路

亚投行的出现“是美国国会的错” – 新闻与分析 – FT中文网

本•伯南克(Ben Bernanke)表示,北京之所以推动发起亚洲基础设施投资银行(Asian Infrastructure Investment Bank,简称亚投行),是因为美国国会议员拒绝在现有多边机构中给予中国更大投票权。美联储(Fed)前主席昨日在香港表示:“发生这一切主要是美国国会的错。” Source: 亚投行的出现“是美国国会的错” – 新闻与分析 – FT中文网

絲路

丝绸之路 – 维基百科,自由的百科全书

丝绸之路,常简称为丝路,此词最早来自于德意志帝国地理学家费迪南·冯·李希霍芬于1877年出版的《中国——我的旅行成果》。丝绸之路通常是指欧亚北部的商路,与南方的茶马古道形成对比,西汉时张骞以长安为起点和东汉时班超出使西域开辟的以洛阳为起点,经中原地区、关中平原、河西走廊、塔里木盆地,到锡尔河与乌浒河之间的中亚河中地区、大伊朗,并联结地中海各国的陆上通道。这条道路也被称为“陆路丝绸之路”,以区别日后另外两条冠以“丝绸之路”名称的交通路线。因为由这条路西运的货物中以丝绸制品的影响最大,故得此名。其基本走向定于两汉时期,包括南道、中道、北道三条路线 Source: 丝绸之路 – 维基百科,自由的百科全书

絲路

《新丝绸之路》 – 10集人文历史纪录片 1080HD

丝绸之路,是这条已存在2500年的古代商道的通用名称,它不仅是世界上最长的一条通商之路,也是东西方文化交流之路和人类民族迁徙之路。丝绸之路在地理上只是跨越亚欧大陆的一条通道,然而它对于世界文化的意义却远非如此。它的东西两端,分别是东西方文明的源头,就像织造丝绸的经纬线一般,它将中国、埃及、印度和希腊、美索不达米亚编织在一起。对于丝路两端的民族来说,它就意味着通往彼岸的舟楫,意味着陌生而起义的世界本身。 《新丝绸之路》描绘古今人物,讲述历史事件,揭示惊天谜团。 “丝绸之路”上的最新考古发现将和古老的自然景观与民族风情一起以新的方式展现出来。  

絲路

历经16年 丝绸之路申遗成功

据新华社多哈6月22日电   第38届世界遗产大会22日批准通过“丝绸之路:起始段和天山廊道的路网”世界遗产名录申请报告。至此,中国与吉尔吉斯斯坦、哈萨克斯坦联合提交的这一文化遗产项目正式列入世界遗产名录。   当天,根据各国代表的表决,大会主席、卡塔尔公主玛雅萨宣布会议批准这一申遗报告。霎时,全场响起热烈掌声,中国与吉尔吉斯斯坦、哈萨克斯坦的代表们也纷纷击掌致意,相互祝贺,整个会议大厅充满快乐、喜庆的气氛。   中国联合国教科文组织全国委员会秘书长杜越在接受新华社记者采访时说,此次丝绸之路申遗内容包括从中国古代都城长安(今西安)到广大中亚国家地区的大量文物、遗迹、景点等,数量之巨,涵盖之广,世所罕见。这次申遗成功不仅实现了中国广大文物工作者和文化工作者的多年夙愿,还对未来在这一地区兴起文化遗产保护热潮、促进当地旅游经济发展起到积极和重要作用,同时也使中国人民和世界人民能够看到一个活生生的丝绸之路,使这个世界级别的文化遗产得以更好地保护、传承和发扬。   据参加会议的国家文物局副局长童明康介绍,丝绸之路跨国系列申遗历经了1998年至2005年的“酝酿”、2006年至2011年的“启动与推进”以及后来的“深入推进”三个阶段,内容复杂,涉及面广,申请难度极大。经过不断协调,三国于2013年1月正式向联合国教科文组织世界遗产中心提交了申遗报告,涉及中文、英文、俄文、吉尔吉斯文和哈萨克文5种文字文本。   联合国教科文组织世界遗产中心亚太部主任景峰在接受新华社记者采访时表示,中国和吉尔吉斯斯坦、哈萨克斯坦联合提交的申请报告被会议批准意义重大,不仅向世界复原了早在2000年以前就形成的这一促进全球经济发展的经济动脉形象,还必将极大促进全球各种文明间的交流,有利于全球文明多样化,更为重要的是将提升沿线国家政府保护人类遗产的力度,形成一股以政府为主导的保护文物的强大力量,使古丝绸之路再显勃勃生机。   ■丝绸之路:起始段和天山廊道的路网   是跨国系列文化遗产,属文化线路类型,线路跨度近5000公里,沿线包括中心城镇遗迹、商贸城市、交通遗迹、宗教遗迹和关联遗迹等5类代表性遗迹共33处,申报遗产区总面积42680公顷,遗产区和缓冲区总面积234464公顷。   中国境内有22处考古遗址、古建筑等遗迹,其中包括河南省4处、陕西省7处、甘肃省5处、新疆维吾尔自治区6处,遗产区总面积28421公顷,遗产区和缓冲区总面积204011公顷。   哈萨克斯坦、吉尔吉斯斯坦境内各有8处和3处遗迹。   “大运河”同时入选   据新华社报道 第38届世界遗产大会22日审议并通过中国提交的“大运河”申遗申请。   大会在听取了对“大运河”历史、作用以及现状等方面的陈述后,各方代表阐述了各自意见,大会主席、卡塔尔公主玛雅萨根据会议表决结果宣布中国提交的“大运河”申遗成功。   [大运河]   大运河具有河道距离长、流域范围广、修建年代久远、遗产类型丰富、利用功能多样、保存现状复杂等特点,保存下来的与大运河相关遗存总数已超过1100处。最终列入申遗范围的大运河遗产分布在中国2个直辖市、6个省、25个地级市。申报的系列遗产分别选取了各河段的典型河道段落和重要遗产点,包括河道遗产27段,总长度1011公里,相关遗产共计58处。

絲路

中国大运河和丝绸之路成功列入世界遗产名录

国际在线报道(记者 钟正杰):正在卡塔尔首都多哈举行的第38届世界遗产大会当地时间22日上午审议通过了大运河以及“丝绸之路:起始段和天山廊道的路网”世界遗产名录的申请报告,至此,我国世界遗产数量增至47个。 首先进行审议的是我国独立申请的文化遗产项目“大运河”,在经过情况介绍、大会委员国辩论、表决等议程,最终入选世界遗产名录,成为我国第46个世界遗产项目。实际上,大运河项目在今年申遗充满悬念,联合国教科文组织在大会前曾对大运河进行了考察,认为大运河流域广、人口多、难以管理,建议我国补充相关材料,在明年再进行该项目的表决,但因中国提前于今年就补充了相关材料,从而得到大会委员国的支持,最终得以在今年列入世界遗产名录。 之后进行审议的是我国与吉尔吉斯斯坦、哈萨克斯坦两国联合申请的文化遗产项目“丝绸之路:起始段与天山廊道的路网”。作为世界遗产委员会推荐的文化遗产项目,丝绸之路的审议工作进行的更为顺利,仅耗时约20分钟,第38届世界遗产大会主席、卡塔尔公主玛雅萨就宣布“丝绸之路”正式入选世界遗产名录。

絲路

日本華人教授会議主催第10回国際シンポジウム『中国の新シルクロード戦略と国際協力』

日本華人教授会議主催第10回国際シンポジウム『中国の新シルクロード戦略と国際協力』 開催趣旨 中国の対外開放戦略は「請進来」(「門戸開放」)から「走出去」(「打って出る」)へシフトしており、国内の経済開発と同様に、その重心が東部沿海から西部に移行しつつあります。今年度の国際シンポジウムは、これらの観点から中国新指導部が打ち出した「新シルクロード戦略」を国内と国際の両面から分析します。第一セッションは、「河西回廊(甘粛省)」での現地調査の結果を踏まえて西部開発の現状を多面的にアプローチし、第二セッションでは、エネルギーと環境問題を中心に、ユーラシア大陸における国際協力の新しい可能性を探ります。こうした分析を踏まえて今後の日中関係への含意を考えます。 開催日時:2013年11月2日(土曜日)午後 13:00-16:45 開催場所:東京大学本郷キャンパス 山上会館 プログラム 開会式と来賓挨拶                    (13:00-13:30) 司会:王敏(法政大学教授) 開会挨拶:杜進(日本華人教授会議代表・拓殖大学教授) 来賓挨拶:韓志強(中華人民共和国駐日本国公使) 第1セッション:栄光が甦るシルクロード地域-甘粛省現地調査からの報告 (13:30-15:00) 司会:李春利(愛知大学教授) 発表者:杜進:「貧困削減と農村開発」 周建中:「自然・エネルギー環境と沙漠化対策」(東京成徳大学教授) 莫邦富:「観光産業の新展開」(作家) 討論者:熊達雲(山梨学院大学教授) 郝仁平(東洋大学教授) 休憩                          (15:00-15:20) 第2セッション:シルクロード経済帯の構築と国際協力   (15:20-16:30) 司会:李恩民(桜美林大学教授) 背景説明:杜進「中国の新シルクロード戦略:米、露、トルコとの比較」 発表者:周緯生「シルクロード経済ベルトの構築とエネルギー資源環境戦略」 (立命館大学政策科学部教授、立命館孔子学院名誉院長、 一般社団法人国際3E研究院院長) 討論者:西村六善(内閣官房参与)* 閉会式                         (16:30-16:45) 全体総括:凌星光(一般社団法人日中科学技術文化センター理事長) 閉会挨拶:趙軍(日本華人教授会議副代表・千葉商科大学教授) *西村六善(にしむら・むつよし)氏 【略歴】 1940年北海道生まれ。1962年上智大学外国語学部イスパニア語学科中退。外務省で条約局協定課長、報道課長、官房総務課長を経て、在シカゴ総領事、欧亜局長、経済協力開発機構(OECD)駐在特命全権大使を歴任。2002年に特命全権大使(アフガニスタン支援調整担当、地球環境問題担当兼務)、03年メキシコ駐在特命全権大使、05年地球環境問題担当特命全権大使、06年気候変動担当政府代表兼地球環境問題担当特命全権大使を務めたのち、07年12月より内閣官房参与(地球温暖化問題担当)に任命される。 参加申し込み 日本華人教授会議 水本順子 Email: cjac@bz01.plala.or.jpContinue reading

絲路

习近平中亚之旅:共建新丝路

除了传统意义上的安全和能源合作,中国-中亚关系将被更丰富的内容所充实,交通、人文等方面的合作将更为密切。国家主席习近平对中亚四国的访问揭开了中国与中亚各国友好合作关系的历史新篇章 一片土地的历史,就是在她之上的人民的历史。习近平引用哈萨克民族一句谚语,开始了他在哈萨克斯坦纳扎尔巴耶夫大学的演讲。 他的语言富有魅力,既说战略、宏观,又讲故事,富有情感。在现场听演讲的纳扎尔巴耶夫大学社会人文学院教师纳巴斯兰对《中国新闻周刊》如此评价。 哈萨克斯坦是习近平中亚四国之行的第二站。 此前4天,即9月3日,习近平对土库曼斯坦进行国事访问,开启了中亚之行。此后,他抵达俄罗斯圣彼得堡,第一次以国家主席身份出席二十国集团首脑峰会,并作了主旨讲话。 其后, 是对哈萨克斯坦和乌兹别克斯坦的访问。最后,在9月13日,习近平将访问吉尔吉斯斯坦,在该国首都比什凯克出席上海合作组织成员国元首理事会第十三次会议,以此结束中亚之行。 在G20峰会宣示经济改革决心 1703年,彼得大帝在涅瓦河口的兔子岛上建立彼得保罗要塞,后扩建为城,称圣彼得堡,把波罗的海出海口纳入版图,俄罗斯由此打开通往欧洲的窗口。三百多年后的今天,9月5日至6日,二十国集团领导人齐聚这座北方威尼斯,探讨世界经济的复苏和发展未来。 自2008年G20峰会首次举办以来,逐渐明确峰会在世界政治舞台的地位国际经济合作主论坛。 经济课题应该是峰会的主要课题,如今,国际金融危机影响不断深化,世界经济增长动力不足,新兴市场国家经济出现减速,叙利亚危机又在化武疑云下骤然升级在这样的背景下,峰会格外引人瞩目。清华大学中美关系研究中心主任孙哲告诉《中国新闻周刊》。 峰会发表了《二十国集团圣彼得堡峰会领导人宣言》和《二十国集团峰会五周年声明》,呼吁加强政策协调,建设更加紧密的经济伙伴关系,强调刺激增长和创造就业是成员国优先任务。 习近平代表中国新一届政府在峰会上作了《共同维护和发展开放型世界经济》的主旨讲话。他是第一个发言的元首。尽管时间不长,只说了8分钟,但内容非常务实,也说出了G20里发展中国家的心声。孙哲说,你把发言内容和会议宣言对照看,可以发现很多观点和建议均被纳入宣言,中国表态对峰会主旨形成非常重要。 反对贸易保护主义,是G20峰会的传统重点议题,此次不例外。 打开窗子,才能实现空气对流,新鲜空气才能进来。习近平在发言中警告说,当前贸易保护主义明显抬头,多哈回合谈判停滞不前,多边贸易体系面临诸多挑战,这不利于世界经济复苏,不符合各国利益。二十国集团占全球贸易量的80%,要有忧患意识,承担责任,推动新一轮世界贸易大发展。他表示,希望一些发达国家取消对高新技术产品出口的不合理限制。 增长和就业是峰会的主题。杀鸡取卵、竭泽而渔式的发展是不会长久的。习近平指出,单纯依靠刺激政策和政府对经济大规模直接干预的增长,只治标、不治本,而建立在大量资源消耗、环境污染基础上的增长则更难以持久。要提高经济增长质量和效益,避免单纯以国内生产总值增长率论英雄。 2013年上半年,中国国内生产总值增长7.6%,实现725万人就业。与其他国家相比,经济增长处于高水平。中国经济基本面良好,也面临着地方政府债务、部分行业产能过剩等问题。这些问题处于可控范围之内,我们正在采取措施解决。习近平坦言,为从根本上解决经济的长远发展问题,必须坚定推动结构改革,宁可将增长速度降下来一些。 中国社科院世界政治与经济研究所所长张宇燕认为,习近平讲话传递出中国坚定推进改革、为世界经济持续带来正面外溢效应的决心。 习奥会涉及叙利亚问题 G20峰会召开前,俄罗斯总统普京率先与习近平举行会谈,长达一个小时,不同寻常的中俄关系决定了这次不同寻常的会见,双方都需要证明自己并不孤立。日本媒体发表了这样的评论,并注意到普京和习近平互称好朋友。 普奥会和习奥会一样也引起广泛关注,美俄之间关于斯诺登和叙利亚问题的分歧,令外界猜测两国总统是否还能坐到一块。9月5日下午,奥巴马的手终于和普京的手握在一起,两人还笑着聊了两句。第二天普京对媒体说,美国总统和我见面了,不是站着闲聊,而是单独坐下来,会谈持续了二三十分钟。 大约一个月前,斯诺登获得俄罗斯临时避难权后,白宫发表声明称奥巴马将取消在G20峰会上与普京的单独会面。在美俄外交史上,这是美方第一次取消双边领导人会晤。此后又有传闻说,两人可能会在会议期间看似偶然地站着聊聊。不管站着还是坐着,普奥会的结果并不乐观。用普京的话说,我们看法迥异,我不同意他,他也不同意我。 也就在峰会举行的时候,俄罗斯黑海舰队又派出一艘大型登陆舰驶向东地中海,这将使该海域的俄军舰船增至5艘,外界纷纷猜测,如果美对叙对武,俄军会做出怎样反应。 9月6日,G20中只有9国签署了美国对叙采取行动的联合声明,加上此前表态的5国,这就是奥巴马宣布将对叙动武后获得的全部国际支持。 习奥会也躲不开叙利亚问题。习近平向奥巴马阐述了中方原则立场,强调维护国际法和国际关系基本准则同禁止使用化学武器两条原则都要坚持。政治解决是唯一正确出路。动武无法从根本上解决问题,希望有关国家三思而后行。国际社会应该致力于尽快推动召开叙利亚问题第二次日内瓦会议,开启政治过渡进程。 中土实现战略升级 除了G20峰会以外,此次习近平的中亚四国行也意义重大。从狭义上说,中亚地区指中亚五国,即五个斯坦:土库曼斯坦,哈萨克斯坦,乌兹别克斯坦,吉尔吉斯斯坦,塔吉克斯坦。习近平此访囊括了除了塔吉克斯坦以外的中亚四个国家。 土库曼斯坦是习近平中亚之行的第一站。中土关系基础牢固,内涵日益丰富,合作机制不断完善,实现战略升级时机和条件已经成熟。当地时间9月3日,他在土库曼斯坦首都阿什哈巴德的国际机场发表讲话,重点在于两国关系将实现战略升级。 两国元首签署《联合宣言》,双方一致决定将两国关系提升至战略伙伴关系水平,强调不管国际和地区形势如何变化,发展中土战略伙伴关系都是中国和土库曼斯坦外交政策的优先方向之一。 中土是友好近邻和重要能源战略伙伴。宣言对能源合作也有明确表述,双方决定着手建立确保中国-土库曼斯坦天然气管道等两国大型天然气合作项目安全运营的合作机制。 资料显示,中土双边贸易额在去年创下103亿美元的新纪录,7年内增长100多倍。 土库曼斯坦是世界重要能源生产国。有人曾如此调侃,在土库曼,最让人爽的事情是给汽车加油,那里是一美元加满。因为那里的95号汽油约合0.15元人民币一升,是个典型的水比油贵的地方。 而中国则是能源消费大国,由此能源合作是中土两国合作的重点,双方已实施天然气贸易、中国-中亚天然气管道建设等重大合作项目。目前,中国-中亚天然气管道已同中国境内的西气东输二线相连接,成为当今世界最长的天然气管道。 9月4日,中土两国元首共同出席中国石油天然气集团公司承建的土库曼斯坦复兴气田一期工程竣工投产仪式。复兴气田是世界第二大单体气田,已探明储量4万至6万亿立方米。 同日,中国石油天然气集团公司宣布,该公司与土库曼斯坦天然气康采恩签署年增供250亿立方米的天然气购销等协议。Continue reading

絲路

习近平中亚之行描绘的“新丝路”与“新思路”

国家主席习近平9日在塔什干同乌兹别克斯坦总统卡里莫夫举行会谈,乌兹别克斯坦是习近平主席此次中亚之行访问的第三个国家。此前,他先后对土库曼斯坦和哈萨克斯坦进行了国事访问,并出席了在俄罗斯圣彼得堡举行的二十国集团领导人第八次峰会。访问乌兹别克斯坦后,他还将对吉尔吉斯斯坦进行国事访问。(据人民网9月9日) 从2000多年前,西汉的张骞首次开拓“丝路”,到东汉时期的班超延伸“丝路”,打开了中国和西方国家的贸易通道,中国人第一次把象征中华文化的丝绸带到了欧洲,也把“汉”文化留在了西方人的眼中。“丝绸之路”成为了中国和西方互通有无的商贸之路,也成为了巍巍中华对外友谊的联络之路。但近代以来,尤其是20世纪初期,落后的经济和政治使得这条“丝路”被一定程度的破坏,也影响了中西文化交流。 新中国成立以来,尤其是改革开放以来,中国的国家综合实力不断攀升,国际影响力不断增强,发展环境、发展速度、发展方向无时不刻不牵动着世界的神经。中国也迫切需要通过各种渠道打开通往各国的大门,建立各方友谊,重树大国自信。而习近平总书记此次中亚之行,与中亚各国进一步拓展了深层次合作领域,展示了泱泱大国的自信,也给中国和中亚各方人民规划了“新思路”,描绘了“新丝路”。 这是一条满含“中国梦”的“新思路”。习近平总书记在参观复兴之路大型主题展览的时候首次提出“实现中华民族伟大复兴,就是中华民族近代以来最伟大的梦想”这个“中国梦”的定义。当前,党中央带头践行群众路线带领全国各族人民全面建设小康社会,目的就是不断提升人民生活水平,增强综合国力,让中国人在世界的角色地位、人格地位、人权地位更加突出,让中国在世界政治对话中的话语权更重、导向力更强。习近平总书记此次中亚之行,中国和中亚各方期待都很高,坚信此次访问必将给双方带来新的发展契机,打开新的合作共赢的美好局面。 这是一条拥有“世界心”的“新丝路”。大国是关键,周边是首要,发展中国家是基础,这一直是我国秉承的外交智慧和外交理念。我国已经进入社会主义发展的关键时期,改革开放三十多年的经验告诉我们,发展更需要和平稳定的环境做基础,发展更需要团结合作的国际友谊。当前的国际社会,各方角力,中国作为有着古老文明的发展中国家,有着足够的政治智慧和政治勇气来诠释自己的立场。此番习近平总书记明确阐述了中国在中亚方面的外交立场,进一步巩固了传统友谊,秉承了历史宝贵经验,共享和平和发展。 应该看来,习近平总书记此番中亚之行,以超凡的政治智慧展示了中国风采和中国力量,为中国和中亚各方今后的发展指明了方向。同时,以前人的政治魄力,重新开拓并延伸了古老的“丝绸之路”,在政治层面、文化层面、商贸领域等都进行了拓展,描述了一个崭新的思路和一条复兴的“丝路”。

絲路

新丝路经济带:以合作促发展的大合作与大格局

2100多年前,汉代张骞出使西域,开拓丝绸之路。自此,一队队驮着彩绸与瓷器的驼队穿越孤烟大漠,踏出了一条横贯东西、连接欧亚的商贸大道与文化交流之路。斗转星移,沙飞沙落,如今,古老丝路重新焕发生机与活力。 7日,中国国家主席习近平在哈萨克斯坦纳扎尔巴耶夫大学演讲中首次提出,用创新的合作模式,共同建设地跨欧亚的“丝绸之路经济带”,从加强政策沟通、道路联通、贸易畅通、货币流通、民心相通入手,形成跨区域大合作格局。 与昔比,今非故。20多年来,中国同欧亚国家关系快速发展。曾经的悠悠驼铃、漫漫古道正在变成互联互通的铁路公路网、油气管线网、电力通信网;沿丝路而行的也不再只是绫罗绸缎、宝石香料,还有琳琅满目的商品、自由流动的资源与资本。 共同建设丝路经济带,着眼的是以合作促发展的大格局。丝路经济带总人口30亿,市场规模和潜力独一无二。欧亚各国经济互补性强,合作空间巨大。建设丝路经济带,有助于欧亚各国把潜在的人口、资源、市场和技术优势转化为发展优势,进一步扩大开放与合作。 共同建设丝路经济带,是以发展促稳定。欧亚腹地在世界经济政治版图占据独特而重要的位置,但同时也是“三股势力”较活跃的地区之一。在此背景下,建设持久和平、共同繁荣的和谐地区成为本地区各国的共识。 过去10年,中国与中亚、西亚、南亚各国的贸易总额,从254亿美元提升至3700多亿美元,年均增长30.8%。共同建设丝路经济带,将为中国西部大开发战略提供新的支撑。实行更加积极主动的开放战略、扩大向西开放,将为中国对外贸易与投资培育新的增长点。 丝路复兴,正当其时。共同建设丝路经济带倡议的提出,既顺应了世界经济融合加速发展、区域合作方兴未艾的世界潮流,也反映了全球经济重心逐渐东移、新兴国家逐步崛起的世界大势。2008年金融危机后,新兴国家沉着应对,已成为世界经济发展重要引擎。共同建设丝路经济带,将促进欧亚大陆经济整合新格局。 而从更广阔的人类文明发展的大背景看,丝绸之路连接了世界几乎所有的文明形态。正如习主席在演讲中所言:“两千多年的交往历史证明,只要坚持团结互信、平等互利、包容互鉴、合作共赢,不同种族、不同信仰、不同文化背景的国家完全可以共享和平,共同发展。” 驰命走驿,不绝于时月;商胡贩客,日款于塞下。我们相信,丝路经济带这一创新的大合作模式将重现古老丝路的辉煌,成为一项造福沿途各国人民的大事业。

絲路

習近平;中央アジアへ 「シルクロード経済ベルト」構想表明

中国の習近平国家主席は7日、訪問先のカザフスタンで中央アジアの国々との間で貿易障壁の解消や通貨の直接取引などを進める経済連携の強化策を打ち出し、この地域での中国の影響力を強めていくねらいです。 習近平国家主席はロシアで開かれたG20の首脳会議に出席したあと中央アジアのカザフスタンを訪問し7日、首都アスタナにある大学で講演しました。 この中で、習主席は「中国は中央アジア各国との友好協力関係を非常に重視し、外交の優先対象としている」と述べた上で「シルクロード経済ベルト」構想と銘打った経済連携の強化策を初めて公にしました。 具体的にはロシアを含めた地域協力の枠組みで太平洋沿岸とバルト海沿岸を結ぶ物流の大動脈を整備するほか、互いの貿易障壁の解消や人民元と中央アジア各国の通貨の直接取引などを進めていくとしています。 さらに習主席は中央アジア5か国とロシアから中国に留学する学生を対象に政府が向こう10年間で3万人分の奨学金枠を設ける方針も明らかにしました。 天然資源が豊富な中央アジアとは日本も関係の強化を模索していますが中国には新たな経済連携策をてこにこの地域での影響力を強めることで天然資源を確保するとともに、同じイスラム教徒が多く住む新疆ウイグル自治区での民族対立の激化を防ぎたいねらいです。

絲路

シルクロードを復興し、米国の封じ込めを打破

悠久の昔からミャンマーは中国の同胞・兄弟だった。中国の戦略にとって極めて重要なのは、ミャンマーが南中国海とマラッカ海峡を避けて、中国南西部からインド洋へ直接抜ける近道であるということだ。昨年11月、ミャンマーの政局に変化が生じた。西側はこの機会を極力利用して、親中国のミャンマーを「中国路線」から引き離そうとしている。ミャンマーの新大統領は就任後間もなく、中国とのミッソン水力発電所協力プロジェクトを一方的に停止した。西側メディアは「テイン・セイン大統領がなぜこのような驚くべき決定をしたのか誰も知らない。背後で誰かが操っているのかも知れない」と報じた。クリントン米国務長官はこの決定を直ちに歓迎し、1カ月後には同国訪問を発表した。(文:李希光・清華大学国際伝播研究センター主任。「環球時報」掲載) これは米国の新アジア政策における重要な行動だ。イラクとアフガニスタンでの戦争終結後、米国は戦略の重心を中国周辺へシフトしている。標的は中国だ。 今年9月12日、クリントン長官は中国を避け、中東と中央アジアからアフガニスタン、パキスタンを経由してインドへ到る「新シルクロード構想」を打ち出した。構想は「トルクメニスタンの石油・ガス田がパキスタンとインドの高まり続けるエネルギー需要を満たし、アフガニスタンとパキスタンに相当の貿易収入をもたらす。タジキスタンの綿花がインドで綿布になる。アフガニスタンの家具や果物がアスタナ、ムンバイ、そしてさらに遠く離れた場所で売られるようになる」としている。 これと同時に、オバマ大統領は「環太平洋経済連携協定」(TPP)を始動した。このいわゆる「21世紀の貿易条約」は、完全な市場経済国ではないとの理由で世界最大の貿易国である中国を除外する一方で、自由市場として中国に遠く及ばないベトナムを引き入れている。オバマ大統領は来年夏以降、イラクとアフガニスタンの戦争終結で浮いた軍事費をアジア太平洋地域にまわすことも決定した。 米国が中国を封じ込めようとするのは、アジアで中国が米国を上回る強国になることを阻止するためだ。米国は東では日韓に軍を駐留し、朝鮮問題を利用して中国を牽制。南東では、台湾問題を利用して中国を牽制。南中国海では中国と領土紛争を抱える国と絡み合って挑発を続けている。さらに南では、オーストラリアを「第二列島線」の重点としている。 米国は中央アジア諸国やアフガニスタンへの軍の長期駐留により、中央アジアにおける中国の影響力拡大を防ぐとともに、中国西部に対する安全保障上の圧力を形成することができる。米国の「新シルクロード構想」が実現した場合、中央アジアと南アジアにおける中国の安全保障情勢は一層厳しくなる。 中国は地政学戦略を見直すべきだ。例えば、中国は米軍とNATO軍がアフガニスタンから撤退した後、戦争に蹂躙され続けてきたこの隣国と戦略的パートナーシップを構築する意向を明確に示すべきだ。同時に、ワハーン回廊を開放し、アフガニスタンとの経済・貿易協力をカシュガル経済大特区に組み入れることを検討する。また、アフガニスタン、パキスタンと3国戦略協定を締結し、パミール地域3国グループを結成する。長期的には、中国はアフガニスタン、パキスタン、イラン、インド、中国の5カ国による対話枠組みと経済協力組織の構築を提唱し、歴史上のシルクロードを真に復興すべきだ。 「人民網日本語版」2011年11月30日

絲路

新シルクロード構想」でアフガニスタンに平和と繁栄を

【9月26日 AFP】アフガニスタンと周辺国・支援国は22日、南アジアと中央アジア市場を結んで平和と繁栄を促進する「新シルクロード構想(New Silk Road)」を発表した。 アフガニスタンと周辺国のより緊密な経済関係を構築する長期戦略で、アジアと西洋を結んだかつてのシルクロード同様にアフガニスタンを貿易ルートの中心とするが、新しいシルクロードを結ぶものは高速道路や鉄道網、パイプラインなどだ。 米ニューヨーク(New York)で開催された国連(UN)総会に合わせて開かれた「新シルクロード構想」に関する会合には、アフガニスタン、米、独、仏、中国、インド、日本、カナダ、スウェーデン、ノルウェー、アラブ首長国連邦(UAE)の外相と、イラン、パキスタン、カザフスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスの高官らが出席。アフガニスタンのザルマイ・ラスール(Zalmai Rassoul)外相は、「貿易や民間企業、投資に基づいたアフガニスタンの経済成長を達成したい」と目的を語った。 今後は11月2日にトルコのイスタンブール(Istanbul)で、12月5日にはドイツのボン(Bonn)で、新構想の個別プロジェクトを協議する閣僚級会議を開く。(c)AFP

絲路

ロンドン-北京の高速鉄道計画、壮大な新シルクロード構想

英ロンドンのKing’s Cross駅から、「Orient Express-style」の時速350キロの中国高速列車に乗って、英仏海峡トンネルを経て、出発48時間後に中国の首都北京に到着する。 大陸横断のこの雄大で野心的な鉄道計画を語ったのは、中国高速鉄道分野の第一人者の王夢恕教授(中国工程院士)。2010年3月8日付の香港英字紙「the South China Morning Post」に前日の同氏へのインタビュー記事を掲載した後、この「オリエント(東方)へのロマンチックな新シルクロード構想」は、たちまち日米欧等の各国メディアにクローズアップされ、注目を浴びた。 王教授によれば、この計画は、もともと中国自身が打ち出したわけではなく、幾つかの関係国と協議の中で、中国に対して、関係国からの要請があったため、中国政府は真剣かつ慎重に検討を重ねた結果、17カ国に同構想を提案したもの。鉄道の敷設ルートには、下記三つの協議検討中のものがある。 ●イギリスを終起点とするロシア経由の欧州・中国ルート ロンドンを欧州の終起点とし、仏独のパリ、ベルリン、ポ-ランドのワルシャワ、ウクライナのキエフ、ロシアのセントピーターズバーグ、モスクワ、エカテリンブルグ、カザフスタンのアスタナ、ロシアのイルークツク、モンゴルのウランバートル、ロシア極東のハバロフスク、中国のハルピンを経由して北京への全長8160キロのルート。 ●欧亜ランドビリッジルート ドイツを欧州の終起点とし、途中からトルコ、イラン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、中国の新彊ウルムチを経由して、中国国内の欧亜ランドビリッジと繋がって北京等へのルート。 ●ASEAN経由の第三ルート 欧州からイラン、パキンスタン、インド、ミャンマ、中国の昆明を分岐点にしてベトナム、ラオス、タイ、カンボジア、マレ-シア、シンガポールへと南下するルートと、北上する北京へのルート。ただし、その後、ベトナムについては、このルートから外れ、昆明とラオス等の鉄道建設を先行した。 完成予定は、10-15年後の2020-2025年である。 中国の高速列車は、2004年に世界初営業用のリニアモ-タ-カ-(最高時速431キロ、ドイツから技術導入)が、上海浦東国際空港への30キロ区間で稼動して以来、2008年に北京・天津間に最高時速330キロの高速鉄道を運行開始し、2009年12月26日に武漢-広州間に最高時速350キロと走行スピードを徐々にあげてきた。 更に2010年12月3日に、2011年6月に開通予定の北京・上海間のパイロットエリアの総合試運転では、最高時速486.1キロへと記録を更新した。 2011年中に最高時速600キロの真空高速列車を試験し、10年以内に商業運行を開始するとの計画も発表しており、併せて最高時速2万キロの真空列車の研究にも着手した。 一方、中国と南アフリカの間では、南アの高速鉄道線の建設への融資について、2010年9月に基本合意に達しており、今後欧亜大陸間で計画・建設中の高速鉄道は、アフリカ大陸へと更に延伸し、新陸上シルクロードによる三大陸の結び付きが強まることへの期待感が高まっている。 写真は、Orient super express: From London to Beijing by train… in just TWO days(出所:MailOnline 9th March 2010)。